とりあえず、ペンと紙さえあればいい

趣味の創作を中心に色々書いてます。

私が気付いた人物のイラストが上達するためにやらなきゃいけないこと。

f:id:aisakayo:20170725163934j:plain

上は最近の私のイラストです。これが実力です。なので、毎日少しずつ練習をしています。

イラストが上手くなりたい……。

それが最近の私の願いです。

そのために、好きな作家のイラストを模写し、実際の人間の写真を模写しています。

そして、人物のイラストを描くにあたって気付いたことがあります。

今回はそれをまとめます。

 

 

 

大切なのは実際の人体構造を把握すること!

漫画の絵を模写した後に、実際の人間の写真を模写して気付いたのは、漫画絵とはいえ、基本的に実際の人間を忠実に再現している上でデフォルメされているということでした。

つまり、模写で効率よく人物のイラストの上達を目指すなら、人体の構造を把握したほうがいいです。

最近、気付いた癖に言いきってしまうのにはきちんと理由があります。

ちゃんと人間の体の構造を把握した上で描くとバランスが良くなるので、すごく人物イラストがうまくなったように見えます。実際、把握した上で描いたイラストを人に見せたところ、褒められました。

上のイラストの女の子は肩幅が左右で違っているんです。これが私のイラストのクセです。

このイラストを描いた時はまだ人物の人体構造をしっかりと把握出来ていなくて、肩幅もあやふやになっていました。

人体の構造を把握出来た私は今では顔を描いた後は定規を使って、体の中心と肩幅を決めています。

私みたいにクセがある人は定規とか道具を使って修正したほうが楽だと思います。

他に良い方法があるのかもしれませんが、私は今の所これがベストです。

 

 

 

写真の人間を模写する時に用意したほうがいいもの

骨格図と筋肉図です。

最初はキモイですが便利です。慣れれば平気です。

模写の公表については人物の写真も漫画も版権物なので、ここでは差し控えます。

私が気付いたコツは写真の人間を模写する時、骨格図と筋肉図を見ながら、骨や筋肉がどのような場所になっているかを把握してから描いたほうが、筋肉と骨を意識しながら描くことが出来るということです。

本当はあとは脂肪の付き方も意識するともっと上手く描けるんだろうなと思います。

筋肉と骨がどういう風に動いているのかを考えるとすっごく楽しいです。

骨格図と筋肉図についてはネットの画像検索をするとたくさん見つかります。

私はそれをプリントして使っています。

もっと、極めたいという人は専用の美術系の本を購入するといいかもしれません。

絵がうまい人はA.ルーミスさんの『やさしい人物画』を購入している人が多いみたいです。

更に上級になると、『アーティストのための美術解剖学』を読んでいる方がいるみたいですが、ネットレビューを読むとよく分かったという人と分からなかったという人に分かれるので、レベルによって理解出来る出来ないが如実に表れるようです。

更に、極めたいという人は美術を通り越して医学系の解剖学に突き進むことになるようです。

ディープになればなるほど内臓系も見ることになるので、キモくグロくなります。

覚悟を決めて突き進んで下さい。

私は骨格と筋肉の画像を探している時、お尻穴の画像をうっかり見てしまい、それ以上は何があっても進まないことに決めました。

 

 

 

まとめ

模写は効果があると言う人とないと言う人がいますが、絵が上手い人というのは皆、模写をしていることは確かです。しかも大量に。

なので、一定の効果はあるはずです。

しかし、しっかりと人体の構造を叩き込んでいないと、オリジナルを描こうとしてもどこかあやふやなままの描き出しとなるので上手くいかないのです。私が経験者です。

じゃあ、筋肉と骨格を把握してから模写をすればいいのか? という人もいそうですが、個人的には同時進行だと思います。

模写の時に骨の位置や筋肉の位置を把握するので、描いていく内に頭の中に嫌でも入ると思います。

手も足も同様に骨と筋肉を把握することでもっと上手に描けるようになると思います。

 

ここまでお読みいただきありがとうございました。