とりあえず、ペンと紙さえあればいい

趣味の創作を中心に色々書いてます。

イラスト上達に模写をしたら、上達しない上に絵も下手な理由を考える

上記は私が最近書いたイラスト。ポスカで色を塗っています。色塗りは最近、始めたのでまだまだ下手くそ。 ですが、それ以外はハッキリ言って、これでもマシになったほうです。 昔はマジでヤバかった。一体、何があったら、顔も体もそこまでひしゃげてしまえ…

『酒のほそ道』がロングセラーとなっている理由を考えてみる。

『酒のほそ道』は岩間宗達というサラリーマンを主人公にしたお酒と肴をテーマにした漫画です。 基本的に1話読み切り型の連作短編作品で、この記事を書いている2017年5月上旬現在で40巻まで発売され、『週刊漫画ゴラク』(日本文芸社)にて連載されています。…

イラスト上達のコツと練習法を集めてみました。

上記は背景の練習のために描いたイラストです。背景が一番苦手です。 下記はアニメだがしかしのさやちゃんと子どものイラストです。これでも昔に比べて、マシになりました。 イラスト上手になりたいなー。すっごく上手じゃなくてもいいから、今よりマシにな…

AI・ロボット時代本格到来の今だからこそ読みたい『新美南吉』2作品

最近、著作権切れの作品をネット上で読める青空文庫 Aozora Bunkoというサイトで、『新美南吉』を読み漁っています。 そうすると、技術革新により変わっていく時代を生き抜く男を書いた短編を見つけました。 それが、AIやロボットにより技術革新が進み、変わ…

【漫画】『酒のほそ道』27巻がある日、面白く感じた理由を考えてみた。

たまたま、家族の誰かが買ってきた『酒のほそ道』という漫画をいつの頃から読み始めました。なんというか、だらだらと読んでいます。 夜寝る前に読むことが多いのですが、ある日、いつも以上に面白く感じ、失礼ながら、「え? こんなに面白かったけ?」と強…

【公募】映像化のチャンスありブックショートアワードに挑戦

短編であっても小説の賞に応募することはないだろうと思っていたのですが、春になった頃に公募ガイドを眺めていたら、うっかり応募したくなり、『ブックショートアワード』の3月期〆切に応募しました。 ブックショートアワードとは? ショートショートを募集…

アニメ『一週間フレンズ。』ネタバレ感想

『一週間フレンズ。』は実写映画化もされたそうで……。 そういえば、前に何かで特撮やCGが必要ない原作ありの恋愛映画は低予算で仕上がる上に、原作ファンを取り込める可能性があると読みました。 確かに、『一週間フレンズ。』もその条件に当てはまっている…

アニメ「うらら迷路帖」の真面目女子紺ちゃんが可愛すぎ!

最近の私は正直、アニメから心が離れかけていました。 今までも浅いオタクでしたが、これからは道路の水たまり程度の浅さのオタクになるのだろうかと思っていました。 しかし、「うらら迷路帖」の紺ちゃんが引き止めてくれた。 原作コミックス2巻より。 筆者…

ファンタジー設定のための領地収入について

日本のファンタジーは中世ヨーロッパがモチーフと言いながら、貴族の服やドレス、城は近世のものが多く、かなり適当なのですが、それでも設定を作る上ではやっぱり貴族の暮らしとか爵位ってなんだ? となってしまいます。 私が疑問に思ったものに領地収入と…

個人的にすごいと思った色鉛筆動画まとめ!

色鉛筆にハマっております。でも、毎日書く時間はなくて……。 そのため、ユーチューブで色鉛筆動画も見ております。 その中で、「おー、すげー」と思った動画を集めました。 今回は色鉛筆のみを使ったっぽい動画のみを集めました。 理由は私が使うのが水彩色…

映画『ドラえもん 新・のび太と鉄人兵団』はリルルのせいで泣けてくるよ!

映画ドラえもん 新・のび太と鉄人兵団を観ました。 キッカケは他の劇場版ドラえもんを観て、「面白いじゃん、ドラえもん!」と思ったから。 ハマりそうです。 このままズブズブと大量にあるドラえもん劇場版巡りをしてしまうのでしょうか……。 楽しいなー。泥…

二次創作1P漫画『だがしかし』さやちゃんの喫茶エンドウ新商品開発

最近、前に観たアニメ『だがしかし』のことを思い出します。 原作に関しては1巻しか読んでいません。 登場人物の1人であるさやちゃんは非常に目つきが悪く、耳にはピアスをいっぱいつけているという田舎のヤンキーみたいな容貌ですが、アニメを観続けていく…

逆プロット(逆箱)をやってみたら、目から鱗だったよ!

公募ガイド3月号のストーリーの作り方の勉強に逆プロットが良いと掲載されていました。 逆プロットはシナリオの世界では逆箱と呼ばれていることも知りました。 それにしてもどうしたら、面白い作品が書けるようになるのだろうと日々、考えていても面白い作品…

【公募】最優秀は10万円分の金券という第11回足クサ川柳に挑戦!

3月号の公募ガイドを買ったはいいけれど、「今月、いい賞ねーな」と放置してしまいました。 しかし、2月末に改めて読み返したら、ザクザクに応募出来そうな賞があって、「ヤベツ!」って思いましたが、もう締め切り直前。泣く泣く諦めました……ORZ 来月号から…

『異世界人in地球』傾国ラフィアの場合

昨今、私たちが住む地球に異世界から様々な人や生き物が流れついてくるようになった。 何故、彼らが私たちの住む地球にやって来たのか?理由のほとんどは、「気がついたら、地球にいた」「いつの間にかいた」とまるで元の世界で神隠しにあったかのようなもの…

PVが欲しかったら、絶対にやっちゃいけない投稿ネット小説の設定

私は「小説家になろう - みんなのための小説投稿サイト」というサイトで、細々と小説を書いて投稿しています。 細々し過ぎたためか俗に言う底辺作家の名を欲しいままにしています。 底辺作家とはブックマーク(略称ブクマ、他サイトでいうお気に入り)登録数…

『映画ドラえもん新・のび太の大魔境』野暮だが、気になることがある。

映画を見たいが、いい映画がないという時に見つけたのがアニメ映画『映画ドラえもん新・のび太の大魔境~ペコと5人の探検隊~』です。 本当は実写の邦画を観たかったのですが、映画は映画です。 ドラえもんは子どもの時以来でした。 中盤少々飽きましたが、…

初心者でも色々なポーズのキャラを描ける「POSEMANIACS」がスゴ過ぎ!

私はイラストを描くことが趣味でありながら、大きな欠点がありました。 それはポーズを描けないというもの。 描けるポーズは起立してるような直立不動、姿勢正しく座るというとても単純なものばかり。 しかも、ポーズが描けなくて、結局はバストアップになっ…

物語を作る時にやっちゃいけないと思った3つのストーリー展開

小説を書くのも好きですが、小説を読むのも大好きです。 読んでいると、ワクワクしますし、時が経つのも忘れてしまいます。 アマチュアが書いたネット小説もプロが書いた小説も等しく読んでいます。 アマチュアにはアマチュアの良さがあり、プロにはプロの良…

【公募】第13回畳川柳に挑戦!

突然ですが、畳というのは室町時代に生まれたのだそうです。 家に畳の部屋はないけれど、畳は大好きという方は多いといいます。 現在では4月29日と9月24日が畳の日になっています。年に2回も記念日があり、畳もさぞ幸せなことでしょう。 ちなみに、明太子も…

現代ものでも時代考証が必要だと思った理由

時代考証というのは時代物の作品を書きたい時に行うもので、その時代の常識や文化、風習をきちんと知り、作品に反映するために行うものだと思っていました。 時代劇作家などは時代考証のために何百冊もの本を読んでいると聞いたことがあります。 ただ、この…

【2次創作】WIXOSSアン小説6(完結)

第1話を読んでいない方はこちら↓からどうぞ aisakayo.hatenablog.com それから、杏はセレクターバトルに明け暮れた。 1勝した後に2敗し、後がなくなったこともあれば、2勝した後に1敗したこともある。 なかなか3勝出来なかったが、元々、負けん気が強いほう…

【2次創作】WIXOSSアン小説5

第1話を読んでいない方は↓からどうぞ。 aisakayo.hatenablog.com 放課後、杏は萌に演劇部の部室に呼び出された。 ジャンヌが懸命に、 「行かないほうがいい」 「でも……。私は……。あの頃の愛らしい昔の萌に会いたいの。戻ってほしいの。少しでもそのチャンス…

【2次創作】WIXOSSアン小説4

第1話を読んでいない方はこちら↓からどうぞ。 aisakayo.hatenablog.com 翌日、ジャンヌを革製のパスケースに入れると、ブレザーのスカートに入れて登校し、放課後、帰宅すると、ジャンヌが口を開いた。 「学校ではいじめられているの?」 「私はアリス役の3…

【2次創作】WIXOSSアン小説3

第1話を読んでいない方はこちらからどうぞ。 aisakayo.hatenablog.com 萌がアリス役の3年の生徒の顔をナイフで刺したことにより、演劇部の文化祭での公演は中止となり、杏は学校では主役をやりたくてたまらずに、萌をたぶらかして、刺させたと卑劣な女子生…

【2次創作】WIXOSSアン小説2

第1話を読んでいない方はこちらからどうぞ aisakayo.hatenablog.com 数日後の昼休みに萌は昼食を食べに、杏のクラスを訪れることはなかった。いつも昼休みは欠かさず杏のクラスに顔を出していたので、いないのは変な感じがしたが、萌にもクラスメイトがいる…

【2次創作】WIXOSSアン小説1

森里中学校は昼休みを迎えていた。 2年生の安野杏(あんのあん)という韻を踏んだような名前を持つ少女の元に、まるで子犬のような愛らしさを持つ佐々木萌(ささきもえ)がやって来た。 萌はまだ1年でセミロングのサラサラの髪に、クリクリとした黒い瞳がと…

【公募】2017年『ガス警報器工業会標語コンテスト』に挑戦!

寒い日々のインドア趣味の一環として、公募はとても良いものだと思います。 理由は受賞するかもという夢が見られるから。 今日も受賞の夢目指して、公募に挑戦します。 今回、挑戦するのは『ガス警報器工業会標語コンテスト』です。 『ガス警報器工業会標語…

『Lostorage conflated WIXOSS』を勝手に予想してみた!

最初から、『Lostorage』は『Selector』同様に1期と2期に分かれるんだろうなと思っていました。 1期の『Lostorage incited WIXOSS』でなんも解決しないのも中盤あたりから分かってた。 なんというか、すず子も千夏もお互いに執着しあっていて、「お前らはス…

【映画】『ALWAYS三丁目の夕日』感想

最近、映画を観たいなーとずっと思っていたのですが、最新のCGガンガンに使われたアクション映画とかは疲れるし、恋愛はダラダラしたものが多いしとタラタラと考えていたら、丁度、『ALWAYS三丁目の夕日』を観つけました。 公開された後の初回テレビ放送でし…