とりあえず、ペンと紙さえあればいい

趣味の創作を中心に色々書いてます。

『小説家になろう』に連載小説を投稿する前にやっておきたい3つのこと。

紙に何かを書く人のイラスト(女の子)

現在、私は「小説家になろう」に、2つの作品を連載しています。

『コミッガール!』と『理想のファミリーゲーム』という作品で、更新時期は不定期です。

連載を開始してから、やっておけばよかったなと思うことが3つあったので書きとめておこうと思います。

 

 

 

1,プロットを作る

現在、私が連載している2つの作品ともプロットを作らずに連載を開始しました。

理由はすぐに連載が終了すると思ったからです。

『コミッガール!』はその通りになったのですが、問題は、『理想のファミリーゲーム』でした。

書いているうちになんとかなるだろうと思っていた作品の問題が解決出来ず、完結出来なくなったのです。

その問題は作品の最大の問題で、絶対に解決しなければならないものでした。

このため、プロットを作り、大まかなストーリーを作りましたが、ストーリーの詳細が決まらず困っているという状況です。

事前にきちんとプロットを作っておけば、こんなこともなかったのにと正直に思っています。

現在、『コミッガール!』は一旦、完結したのですが、どうしても続きを書きたいと思い、やはりプロットを新たに作り、連載を再開しました。

 

ちなみに、ストーリーを作る時、章ごとに区切って考えるとやりやすくなると私は思っています。

 

 

 

2,事前にある程度、執筆しておく。

理想としては第1話から完結するまでを書いてしまえれば良いのですが、少なくとも章ごとに執筆しておくのがいいなと個人的には思っています。

理由は更新も楽になり、余裕が生まれるからです。

用意していた話で繋いでいる間に、また新しく執筆してストックを増やしておくことが出来ます。

少しでも途切れると、PVが減るということになるので、PVを重視する方は完結まで毎日更新することが理想のようです。

 

 

 

3,推敲しておく。

私は登場人物の名前の漢字が、途中から変わっていたことに驚き、慌てて、修正をしたことがあります。恥ずかしい思いをしました。

そのため、投稿する前には推敲が大切なのだと実感しました。

あまり否定的なことを言われたくないという作者さんの方はとくに推敲をしっかりするべきだと思います。

現在の私はマイクロソフト社のワードの校閲機能も使って、漢字の誤用なども見つけています。

私の作品は基本的にPVがないので、感想欄で誤字脱字の指摘などされたことはありませんが、なろう内での人気ジャンルを執筆すると、PVを稼ぎやすくなります。

PVが増えるということは多くの方がご覧になるということでもあるので、中には誤字脱字の指摘をして下さる方もいらっしゃいます。

こういう感想に耐えられないという完璧主義者の方は推敲は念入りにして、書いたらすぐに投稿するのではなくて、1章ごと執筆してから、1ヶ月放置してから、じっくりと推敲をして、また2週間から1ヶ月放置して、再び推敲することをおススメします。

1ヶ月放置したほうが自分の作品を客観視出来るので、欠点が見えやすくなります。

 

 

 

まとめ

私が、『小説家になろう』で投稿をし始めた頃は結構、適当で考えなしに投稿をしていました。

その調子でプロットを作らずに連載をしたら、プロットが必要になりました。

プロットを作らずに連載を出来る方もいるとは思うのですが、一応、念のため、プロットは作ったほうがいいと思います。

連載中にプロットを作らないといけないという状況に陥ると、すでに公開している作品の設定を変えたくても変えることが出来なくなり、その小説を元に設定を作ることになります。

設定を変えてもよほどのPVを取っていない限り、誰もなんも言わないとは思いますが、今度は修正作業が待っています。

些細な設定なら修正も少ないですが、大切な設定を変えた場合、ただひたすらに修正作業が続くことになります。

 

ここまでお読みいただきありがとうございました。