とりあえず、ペンと紙さえあればいい

趣味の創作を中心に色々書いてます。

【公募】第13回畳川柳に挑戦!

tatami

突然ですが、畳というのは室町時代に生まれたのだそうです。

家に畳の部屋はないけれど、畳は大好きという方は多いといいます。

現在では4月29日と9月24日が畳の日になっています。年に2回も記念日があり、畳もさぞ幸せなことでしょう。

ちなみに、明太子も年に2回も記念日があります。

明太子はどうでもよくて、年に2回も記念日があるだけあり、しっかりと畳に関する公募があります。

それが畳川柳です。

 

概要

畳をテーマとした川柳を募集。

畳のある暮らしのPRとして公募を行うそうです。

ユーモアのある作品を募集しているとのことです。

主催は熊本県い業生産販売振興協会

応募方法 はがきかメール。1人3点以内の応募です。

〆切 2月28日消印有効

 金賞1点3万円 銀賞2点2万円 銅賞5点1万円 ほか賞あり

学生さんが入賞した場合は図書カードになります。

発表 6月(予定)

前回応募数 3566点

年々応募数が減っています。これは畳のある家で暮らしていない人が増えたことも理由でしょうか。

 

 

 

過去の入選作傾向

過去の入選作品は家族をテーマにしたほのぼのとしたものに畳を絡めたものが多いのが特徴です。

「おもてなし」や「いいね」という当時の流行を取り入れたものもあります。

畳の部屋以外にも畳替えといったイベントに関するもの、畳のリラックス効果を読んだもの、夏は涼しく、冬は暖かいという畳の性質を詠んだものもあります。

どれも畳についてポジティブな感情を刺激されるような川柳ばかりです。

目的が畳のある暮らしのPRなので当然ではありますが……。

 

 

 

 畳の性質とは?

  • 吸音・遮音効果
  • 湿度調節効果
  • 温度調節効果
  • 空気清浄効果
  • 弾力がある

フローリングに比べて、畳は弾力がありますし、床よりも冷たくないと思っていましたが、畳の性質だったのですね。

他にもいぐさの香りにはリラックス効果があるとも言います。

ただ、メリットも多い半面、基本は植物が材料なので、ダニが繁殖しやすい・交換しないといけない・家具を置くと跡がつく・カビることがあるという欠点もあります。

フローリングのほうが便利ではありますが、畳は嫌いと言う人は少ないと思います。

ただ、どうしても和室で暮らしたいけれど、ダニは嫌と言う人には、今は和紙畳といった商品も販売されているようです。

今は畳のベッドもあるので、生活の中に少しでも畳を取り入れることは可能です。

畳が健康に良いとか言って、畳ベッドにしている外国人を前にテレビで見ました。

これにて下調べは完了です。

早速、畳川柳を作ろうと思います。

 

 

 

ほのぼのとした川柳を作る

ユーモアのある川柳ということでしたが、

 

「ユーモアでてこなーい!」

 

自分にはユーモアの欠片もないのでしょうか。いくら考えても思い浮かぶことはありませんでした。

毎回、エンタの神様も見てるし、笑点も見てるのに……。

気持ちをさっさと切り替え、今度はド定番もの「家族」「ほのぼの」を念頭に置き、川柳を考えます。

やっぱり最後は定番ものが強いと思う!(根拠はナイ)

 

結局、私が作った川柳は……

 

・畳べた褒めヨイショ系

・家族と畳は良いよね系

 

以上がテーマの作品を3点こしらえました。

 

 

 

まとめ

畳川柳は年々応募者が減少しており、「もしかしたら、チャンスがあるかも」と思わせてくれる公募です。

畳はとても気持ちのいいものなのですが、お手入れが面倒という理由で敬遠されたり、元々ないという家もありますから、人によっては畳がテーマの川柳は作り辛いのでしょう。

今ではフローリングの家が多いので、畳と聞けば、和風旅館のイメージを抱く人も多いと思います。

 

発表は6月の予定です。楽しみです!

 

ここまでお読みいただきありがとうございました。