読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とりあえず、ペンと紙さえあればいい

趣味の創作を中心に色々書いてます。

逆プロット(逆箱)をやってみたら、目から鱗だったよ!

公募ガイド3月号のストーリーの作り方の勉強に逆プロットが良いと掲載されていました。

逆プロットはシナリオの世界では逆箱と呼ばれていることも知りました。

       公募ガイド 2017年 03 月号 [雑誌]

 それにしてもどうしたら、面白い作品が書けるようになるのだろうと日々、考えていても面白い作品なんて書けるものでもありません。

その上、勉強方法が分かりやすい絵に比べて、どのように勉強すればいいのかよく分かりません。

そのため、いくら小説の書き方やストーリーメイキングの方法なんて本を読んでも身につくものでもないことを経験から知りました。

考えても身につかないのなら、トレーニングしかないですよね!

ということで、その逆プロット(逆箱)をやってみました!

 

 

やってみた作品はこちら!

       映画ドラえもん 新・のび太の大魔境?ペコと5人の探検隊?

映画ドラえもん 新・のび太の大魔境~ペコと5人の探検隊です。

あらすじは夏休みに暇を持て余したのかのび太たちが犬と一緒にアフリカに大冒険するよというもので、ネットでの評判も上々な作品。

やったあとに気付いたのですが、むっちゃ版権物なので、ブログに逆プロット全てを掲載するのは非常にまずいということに気付きました。読み進めると、逆プロットが掲載されますが、序盤のみ掲載します。

ブログ用に全てのプロットを掲載するのは版権切れの名作小説のほうがいいよねと気付いたところで、次行きます。

 

 

こんな感じでやりました。

映画を見ながら、エクセルに打ち込むというやり方もあるらしいですが、私は映画を観ながら、↓のように紙に映画の中の出来事をひたすら順番に書きなぐっていきました。

f:id:aisakayo:20170303140941j:plain

最初から公開するつもりで書いていないので見苦しいのはご勘弁下さい。

最初は一時停止と再生を繰り返し、丁寧に書いていました。

しかし、途中から遅々として進まないことが気になり、一時停止は極力やらない方針でいくことに。

結果、雑になっていきました。

それでも、きちんと出来たのでいいと思います。

 

 

あとでエクセルに整理

f:id:aisakayo:20170303111444p:plain

見辛くてすみません。

エクセル画面ではスクリーンショットを撮れないので、htmlファイルに変換してからスクリーンショットを撮りました。

紙ではかさばるので、エクセルデータにして残すことにしました。

紙に書いたものを、エクセルに打ち直すという二度手間でしたが、時系列を管理しやすくなるので個人的にはいい感じです。

 

  

 逆プロット(逆箱)の本当の効果と欠点

       治験のイラスト

最大の効果は伏線がどのように張られ、どのように回収されているかが分かることです。

そして、逆プロットは紙やエクセルにストーリーを書きとめなければならないため、途中でうっかりと考え事というか想像というかそういうスイッチが入ってしまい、伏線を見逃してしまうような人におススメします。

今回、行ったドラえもんは子ども向けということもあり、ストーリーも伏線も分かりやすかったので、やりやすかったです。

観て、伏線が分かった気になってもいざ逆プロットをやってみると、「あ、ここがこうなってるのか!」と更なる学びがあります。

欠点としては当たり前ですが、作品によっては時間が掛かることと多少、面倒なことですね。

 

 

逆プロット(逆箱)をやっただけでは駄目だと思う

         女の子の表情のイラスト「ひらめいた顔」

逆プロット(逆箱)をやっただけでは分析をしただけです。

次には自分の作品に取り込み、自分の技術にしなければいけないと思います。

その方法として同じストーリー構成を利用して、作品を1つ作ってみることが大切な気がしてきました。

パクれと言っているわけではありません。

逆プロット(逆箱)で分かった物語のパターンや組み立て方といった仕組みを利用して、新たな物語をこさえようということです。

どのジャンルにも基本のストーリーパターンは存在しており、それらを元に作られています。

これをパクリと否定されたら、物語を作ることは不可能になります。

魔法少女まどかマギカ』を例に出しますが、序盤、まどかはほむらと敵対し、中盤にほむらの正体が判明し、時間を逆行します。

最終的にほむらの時間逆行による未来の改変は失敗し、まどかが概念となることで世界を救います。

これを逆プロット化し、ストーリーをとことんまで簡略化してみます。

  1. 主人公がいた。
  2. 主人公に突っかかってくるライバルが登場する。
  3. 中盤、ライバルは時間を操り、主人公を助けようと試みていたことが判明。
  4. 終盤、主人公の未来が変わる。

以上になります。まどマギの要素がほとんどなく、学園青春ファンタジー物のプロットと言われても違和感はないはず……です。

このプロットを元に設定で肉付けしていくことによって物語が出来上がっていきます。

設定によっては時代劇 にも恋愛物語にもホラーにもなります。

このプロット表で作品を公募したら、様々なシチュエーションの物語が集まることと思います。

ただし、終盤、タイムリープで幸せな未来を掴めなかった主人公が概念化したら、それは『まどマギ』を連想させるので、誰の目から見てもアウト判定です。

ネットに上げたらボッコボコに叩かれるのは火を見るより明らかです。

主人公が結婚して幸せに暮らしたというオチなら、どの作品でも当てはまるので大丈夫です。というか、このオチを禁じられたら、一体、世の恋愛作品はどうすればよいのでしょう。

 

 

まとめ

         指揮者のイラスト(女性)

逆プロット(逆箱)を長編映画でやったので、時間が結構掛かりましたが、たかがドラえもんとはいえ、学びも大きかったです。

逆プロット(逆箱)の利用の仕方としては、

  1. ストーリーの勉強。
  2. 大好きな作家の大好きな本を分析する。
  3. アクションや恋愛など特定のジャンルを書きたい時に、複数作品で行い、ウケる要素や共通点を浮き彫りにする。

というものだと思います。

特に3番なんて複数作品をやらなければいけませんが、ワンランク上の作品を書けそうな気すらします。

効果としては、

  1. ストーリーの仕組みが分かる。
  2. 伏線が張られた場所と回収場所が分かる。

というものです。

人を引き込むミステリー小説を書く東野圭吾や複雑なプロットの作品もある森見登見彦なんかでやると時間がすっごく掛かるでしょうが学びも多そうです。

 

ここまでお読みいただきまして、ありがとうございました。