とりあえず、ペンと紙さえあればいい

趣味の創作を中心に色々書いてます。

アニメ「うらら迷路帖」の真面目女子紺ちゃんが可愛すぎ!

最近の私は正直、アニメから心が離れかけていました。

今までも浅いオタクでしたが、これからは道路の水たまり程度の浅さのオタクになるのだろうかと思っていました。

しかし、「うらら迷路帖」の紺ちゃんが引き止めてくれた。

うらら迷路帖 (2) (まんがタイムKRコミックス)

原作コミックス2巻より。

筆者は原作を知らないので、原作コミックスの画像で紹介するのは気が引けますが……。

 

 

紺ちゃんの見た目が可愛い!

私、長髪の袴女子が大好きなんです。

理想としては黒髪女子で、清楚で控えめ。

そういうわけで、紺ちゃんはドストライクです。 

袴女子が登場するアニメは少ないので、とても嬉しいです。

 

 

 

紺ちゃんの「孤独だったアピール」が可愛い!

紺ちゃんは子どもの頃は1人で勉強をしていました。

恐らく人見知りが激しかったのでしょう。

 友達はいなかったのです。

そういうことを時々、言います。

そのため、友達との楽しい時間を満喫している姿がとても可愛く見えます。

 

 

 

紺ちゃんの真面目なところが可愛い!

好きなことは勉強というくらいの勉強家です。

1人で黙々と勉強が出来るくらいの紺ちゃんですから、もちろん、根っからの真面目です。

すっごく努力家で責任感も強いです。

その反面、自分ひとりで抱え込んでしまうことも。

そういう不器用なところが可愛い。

実は紺ちゃんのお母さんは実力のある占い師。

母親へのコンプレックスが勉強に走らせるのでしょうか。

いつか、母親を超えることが出来ると良いですね。

 

 

 

イジラレキャラな紺ちゃんが可愛い!

真面目キャラクターゆえにイジラレキャラでもある紺ちゃん

「あんまりいじらないでー」と思う反面、いじられて困っている紺ちゃんがすっごく可愛い。

イジラレなので、コスプレもさせられます。そちらもとても似合っています。

ただ、苦手なのが恥ずかしい恰好とのことなので、コスプレはすごく嫌がります。その嫌がるところも可愛い。

 

 

 

紺ちゃんの普通の女の子の所が可愛い!

うらら迷路帖に出てくるキャラクターは千矢以外、普通の女の子らしさを持っていますが、私には紺ちゃんが一番普通の女の子のように感じています。

努力をしているし、一番占に強く憧れてもいるけれど、千矢のように神様が見えるわけではない。

そのため、第五話では千矢が迷路帖の神様を見たんじゃないかと考えた紺ちゃんからはもどかしさとか悔しさがすごく伝わってきました。

才能の差だと思うんですけれど、そのシーンを見た私は紺ちゃんにすっごく感情移入してしまったんです。

努力はしているのに、結果が出なくてもどかしいという経験は誰にもあると思うのですが、私にもあって、「分かる分かる」って頷いていました。

 

 

 

まとめ

紺ちゃんは真面目な努力家で、時々、コスプレもさせられますが、作中では解説もやっている優等生キャラです。

でも、千矢のように神様を見ることが出来るわけではない。

紺ちゃんは負けず嫌いなので、それがとても悔しいんです。ただ、一方で千矢と友達兼仲間として接しなければいけない。

だから、苦しい時もあるだろうなと想像してしまいます。

天才VS努力家という構図は昔のスポコンみたいですね。

私は、「努力は必ずしも報いるとは限らない」というどこかで聞いた言葉を思い浮かべてしまいましたが、だからこそ、自分を紺ちゃんに重ね、紺ちゃんにより一層の魅力を感じられるんだと思います。

神様が見えなくても紺ちゃんには、母親越えを成し遂げて、是非一番占になってほしいなと思います。 

 

ここまでお読みいただきありがとうございました。

 

 

 

作品情報

www.tbs.co.jp

まんがタイムきらら - 作品紹介ページ - まんがタイムきららWeb

原作はりかも

漫画タイムKRコミックス 2017年4月1日現在4巻まで発売中です。