とりあえず、ペンと紙さえあればいい

趣味の創作を中心に色々書いてます。

イラスト初心者が個人的に買うのは早かったイラストハウツー本

 どうも、イラスト練習中の相坂葉です。

最近、イラストを上達するために、イラストハウツー本の購入を考えるようになりました。

私は学生時代、イラストを描いていて、その頃も技法書をいくつか買ったのですが、今思えば生かせていませんでした。

思えば、実力に見合った本を選んでいなかったからです。

 

 

 

イラスト初心者におススメしない技法書

イラストで説明と解説をしているようなものはおススメしません。

イラストで解説するような人体や動物の描き方とかは本当におススメしません。

それと、髪型のイラスト資料集。

本のタイトルに描き方のコツとかついていても、人体や動物をあまり理解していない人が買ってもなんとなく分かった気になって終わる可能性が高いです。

 

 

 

イラスト初心者におススメのイラストハウツー本

カラーで、実際の人間が様々なポーズを取っているものです。

出来れば、筋肉が分かるように服を着ていないものと、服を着ているバージョンの本を1冊ずつ用意できるといいです。

髪型の資料も実際の人間のヘアカタログを買ったほうがいいです。歴史上の髪型であったとしてもネットなどを駆使すれば、画像が出てきます。

これらのポーズ集やカタログを描き写す練習を続ければ、人間の体がある程度描けるようになります。

写真の人間を描くので、カッコよさも可愛さもないです。

動物も同様で、まず本物を写真見ながら描いたほうがいいです。

カッコいいイラストや可愛いイラストも基礎力あってこそです。

基礎力がないと、高度なハウツー本は理解出来ません。

それと、カッコよく描くためや可愛く描くためのデフォルメは基礎力が物を言うことを、基礎力が足りない現在痛感しています。地味なトレーニングこそがあとあと効いてくることも実感しています。

最初にカッコいいイラストを描きたいからとカッコいいイラストを描けそうな技法書を選ぶと基礎力がないために私のように失敗します。

写真の人間を描く作業は地味でつまらないですが、仕方ありません。

写真でも本物の人間や衣服を描けるようになれば、イラストを描く時もデフォルメもある程度自由に出来るようになります。

どんなイラストを描くにしてもそうですが、基礎が一番役に立ちます。

基礎がある程度、身についた後はイラストで解説するようなイラストハウツー本の出番です。

 背景に関しては背景写真集の他にパースの解説本が1冊あると便利です。

  

 ここまでお読みいただきありがとうございました。