とりあえず、ペンと紙さえあればいい

趣味の創作を中心に色々書いてます。

【ネタバレありレビュー】『魔法少女サン&ムーン~推定62歳~』が面白い!

漫画ライフWINで現在、連載されている『魔法少女サン&ムーン~推定62歳~』が面白い。

連載されて間もなかったので、思わず一気読みしました。

タイトルからしてクセが凄いのですが、ストーリーや設定も独特。

絵柄は女性的な柔らかくて優しいのが特徴です。女性的といっても少女漫画の系統ではなく、幅広い人に抵抗なくスゥーッと受け入れられそう。

 

 

 

『漫画ライフWIN』とは?

竹書房が運営する無料漫画サイトです。

様々な連載作品があり、漫画ライフ系の紙媒体で連載されている漫画の第1話の試し読みも可能です。

会員登録やログインも必要ないので、すぐに読めるのが最大のメリット。

長期連載作品になると、当たり前ではありますが、全話は読めず、初期と最近の奴だけ読めます。

 

 

 

魔法少女サン&ムーン~推定62歳~』あらすじ

72歳のかずことよしえ。

2人はかつて魔法少女として、悪と戦っていた。

変身するためには2人がコンパクトを開くことが条件。

変身後、2人の体はコンパクトが記憶した変身前の体へと戻り、2人はそれにより人より成長や老化が遅れていた。

そのため、現在の年齢は推定62歳。

かずこが癌を患い、余命は3ヶ月。しかし、初孫を見るために最低半年は生きたい。

そのため、体の時間を止めるために再び、何十年ぶりかで魔法少女として活動することに。

 

 

 

魔法少女らしからぬ生活感や現実感に思わずクスリとするけれど……

若い頃の明るいかずこと大人しいよしえの2人の掛け合いが面白いのもそうですが、ところどころに出てくる魔法少女らしからぬ漂う生活感が笑ってしまいます。

歳とってからの2人は落ち着いているのですが、戦闘シーンにおいては、数十年ぶりなもんだから、必殺技の名前が出てこないんですね。このシーン好きです。

次に私が好きなシーンは2人が変身して空を飛ぶシーンです。

その中のセリフが魔法少女として若い女の子に変身をしているにも関わらず、2人の年齢を感じさせます。

 

かずこ「ねえ、でもよしえ。人間飛行機の早さで跳ぶとヤバいんじゃない?」

よしえ「とりあえず、血圧とか注意しつつ行きましょう」

 

これは若い女の子が魔法少女だったら絶対言わないセリフですよね。普段の生活でもやっぱり血圧を気にしてるんですかね。

ちなみに、この回はブラックマダーっていう怪人の扱いも特別ヒドイ。

ただ、このように思わずクスッとしてしまうシーンがある半面、老後を迎えた2人の切実な事情やせつなさ、寂しさ、哀愁というものが伝わってきます。

この辺りは女性作家ならではの独特な空気感が漂っています。

実年齢は72歳でも体の年齢は推定62歳だから、「まだまだ元気でしょ」とも思いたくなりますが、かずこさんは癌で息子夫婦も遠く行ってるし、なかなか身内に頼れない状況。

一方のよしえさんの結婚生活などの事情は今後語られるみたいです。

よしえさんは若い頃と比べてすっごい雰囲気が変わっていて、すごく気になります。

今後の更新が楽しみです!

 

 

まとめ

魔法少女物といったら、変身して敵倒すか変身して人々を助けるかを主眼に置かれているものが多いのですが、『魔法少女サン&ムーン~推定62歳~』は72歳の女性たちの人生を描く作品です。

しかも、変身は自分たちの時間を止める手段として用いていて、戦闘はついでです。

まだまだ始まったばかりなので、知りたいことが盛りだくさんです。早く更新をしてほしいです。

 

ここまでお読みいただきありがとうございました。

 

mangalifewin.takeshobo.co.jp