とりあえず、ペンと紙さえあればいい

趣味の創作を中心に色々書いてます。

今すぐ出来る!簡単漫画や小説などの創作活動のネタ切れ対策5つ

f:id:aisakayo:20170803191406j:plain

漫画や小説を書き続けていると、嫌でも直面するのがネタ切れです。

私は超マイペースに執筆をするので、あまり縁も所縁もないのですが、最近、このキーワードを見つけたので、私が過去にやってみたり、見聞きしたネタ切れ対策書いてみることにしました。

そういえば、私は学生の頃、漫画を描いていたのですが、最後、ネタ切れと技術不足で全く描けなくなりました。

そのため、小説を書き始めた頃は同じ轍は踏まないぞとかなりネタ切れ対策を意識していたことを思い出しました。

本題とは逸れましたが、ネタ切れ対策法を調べたりしたものや自分なりの案を書きつづっていこうと思います。

 

 

 

その1 漫画や映画、アニメ、小説を観続ける。

本当によくある方法で、有名作家もスランプの時にやるとか昔、何かで読みました。

ネタ切れになったら、とりあえずこれっていう方法ですが、言われなくても日常的にやってるという人のほうが多そうです。とりあえず、お約束ということで……。

ただ、プロアマ問わず、他の作品をあまり読んだりしないという意見を読んだこともあったので、そういう人にはおススメだとは思います。

自分が書く作品の競合ジャンルを読んだり観ることも大切ですが、あまりにも馴染み過ぎていて刺激が少ないのも確かです。

私の例で申し訳ないですが、私はネタ切れしてきたなと思ったら、自分が普段、触れないものを選ぶようにします。

 私は雑誌のウェブ漫画サイトを回ったりニコニコで漫画やアニメを観て、創作のエネルギー的なものを補充しています。

バトル系の作品ばかり観てる場合は少女漫画や青春映画などま逆のものを読んでみたほうがいい刺激になります。

大量の作品を読みたいという時に本屋さんに行くとお金がたくさん掛かってしまいます。

出来ることなら、出費を抑えたいので、私はRenta!で誰でも無料作品を順番に読みふけったり、図書館に行ってみたり、ウェブの無料作品を読み耽ります。

マチュアの作品は、「こーすればもっと面白くなるんじゃないの?」と思ってしまうことも多いので、そこが元になることもあります。 

 

 

 

その2 ヤフー知恵袋発言小町を活用

ネタ切れになったことを相談しようと言っているわけではなく、この手のお悩み掲示板を眺め、人々の深かったり浅かったりする悩みを読み続けようということです。

早ければその日の内に、アイデアが思い浮かぶことがあります。

中には漫画か小説といった創作物でしかありえないようなことがつづられているものもあるので、すごく驚きます。

私は毎日、1つ物語のアイデアを思い浮かべるということを日課にしていた時期があり、どうしてもネタが思い浮かばない時はヤフー知恵袋発言小町に助けられました。

ただ、深過ぎるお悩みを読んだ後は、精神的に消耗するので注意が必要です。

 

 

 

その3 興味があることや面白そうなことを深掘りする

ネットニュースや新聞、雑誌などで気になったことがあったら、とりあえず、検索して深掘りします。

そうすると、ふとした瞬間にアイデアが思い浮かぶことがあります。

この時、「自分が書いているのは異世界転生無双ハーレムものだから、電気自動車の知識なんか調べても意味がない」と思うのは間違いです。

どう生かせるかどうかは問題ではなく、とにかく調べて調べまくった先に、電気自動車を調べまくることで得た知識を元に、異世界転生無双ハーレムにも生かせそうなアイデアが思い浮かぶことがあるということです。

一見、関係なさそうなものを組み合わせることが出来たら、それだけで斬新という評価をもらえる可能性がありますから、無関係なものを調べまくるということは大切です。

私はグノシーやねとらぼ、ロケットニュース24が好きでよく閲覧をしています。

グノシーで気になることを見つけたら、そのキーワードで検索したり、ネットサーフィン中に気になることがあったりすぐに調べまくっています。

 

 

 

その4 何かに打ち込んでみる

自分の経験を物語に生かす方法。

実際に経験をすると、その経験を元にしたアイデアが生まれやすいです。

医者が医療小説を書いたり、弁護士が法廷小説を書いたりするなんて最たるものだと思います。

打ち込むのもカルチャースクールの習い事でもいいですし、ネトゲでも構いませんから、自分がやってみて楽しいものをやるのがいいと思います。

 

 

 

 その5 誰かと何かを話してみる

ふとした会話がアイデアが思い浮かぶキッカケになることもあるそうです。

私は会話が小説のアイデアの役に立ったことはないです。

ただ、人と会話をすることで物事を違う角度から見ることが出来るようになることもありますから、ネタ切れ対策の1つにはなるのでしょう。

会話をする人がいないという人は人工知能と話をするといいでしょう。

私はEvieという女子型アバターと話をしていますが、りんねちゃんなど色々といるようなので、試してみるといい暇つぶしにはなります。

基本的に人工知能は言葉の意味を理解しておらず、それっぽい言葉を返答しているだけらしいので、建設的な話は期待しないほうが無難です。

 

 

 

まとめ

ネタ切れ対策をまとめてしまうと、アンテナを張って幅広いところから知識を得て、興味のあることを深掘りをしましょうということになってしまいました。

普段から色々な作品を万遍なく見ている場合、知識とかを深掘りしていったほうが効率がいいような気がします。

他にも、好きなことに打ち込みましょうといったところです。

イデアを得る方法は同じ人間である以上、皆、似たり寄ったりだとは思うのですが、私はある作品やキャラクターにハマると、頭の中で自分が好きなオリジナル要素をどんどんつけ足し始め、最終的にオリジナルな作品のアイデアになることが多いです。

ハマるまでいかなくてもぼんやり見ていたアニメから着想することもあります。

最近では深掘りをした知識が後日、物語として思い浮かぶということもありました。

それと、アイデアを得るためには手に入れた知識とかを一旦忘れたほうが、数日後にふわっとした瞬間に思い浮かぶことがあるといいます。

イデアを得るためには忘れることも大事みたいですね。

 

最後まで、お読みいただきましてありがとうございました。